まあ、おばさんの戯言ですが、、、
 
★お知らせ★
         

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セデック・バレを観る。
吉祥寺バウスシアターにて。



心揺さぶられる映画です。
台湾の新鋭ウェイ・ダーション監督が10年かけて作り上げた、実話に基づく衝撃の作品。
セデック族を演じる原住民の役者が実にいい。彼らは下草生い茂る険しい森を矢の様に駆け上がり駆け降りる。しかも裸足で!驚くべき身体能力!
そして、主人公モーナ・ルダオの青年期を演じたダーチンは野性的なイケメンで、蒼く勇猛果敢な感じがとても良い。さらに壮年期を演じたリン・チンタイの存在感と言ったら!眼光鋭く、絶えず苦悩する頭目を見事に演じていた。本職は牧師さんだというが、演技以前に何か先祖の霊が乗り移ったようにさえ見える。
台湾の教科書でさえ、この事件の事は2~3行しか書かれていないそうで、監督も10数年前まで知らなかったらしい。そう思うと、自身のその歴史を封印せざるを得なかった原住民族の想いやいかばかりかと。。。


さて、ここから先はネタバレです。

少年のモ-ナ・ルダオに父親が語って聴かせるセデックの言い伝え。
「狩場を守る勇敢な男は死ぬ時、手にいくら拭っても取れない血の跡がある。その血の跡があるものだけが虹の橋を渡って永遠の狩場に行けるのだ。そして女は男のために赤い布を織り続け死ぬ時、手にいくら擦っても取れないタコがある。そのタコがあるものだけが今度は自分の為に虹色の布を織る事を許され、それを着て虹の橋を渡るのだ」
セリフに多少の記憶違いはあるかもしれないが、ここでまず一回目の涙腺決壊が来た。
父親の声はひたすら優しく、それを聴く少年の瞳はとても真っ直ぐだ。
悲しい訳でもない、辛いシーンでもない。どこか体の奥深く、DNAが反応したのか。。。

日本の統治下で行われた事柄は、インデアンのそれとまったく同じだ。
そして運動会襲撃のシーン。
子供たちが自らの意志で武器を手にし、日本人の先生や隠れていた女子供までを殺害するシーンでは、嗚咽を堪えるのがやっと。なぜこんな子供達までがと、今の中東の少年ゲリラを思い出したりしたのだが。。。
しかし、ふと気が付いた。
彼らはそうやって生活していたのだ。
先祖から受け継いだ狩場に入ってきたよそ者を倒し、首を取ってくれば英雄になれる世界。そこではこの子供たちの行動は異常な事でもなんでもないのだ。怒られるとしたら勝手に無茶をしたこと、その一点くらいだろう。

話は違うが、牛と共に裸で生活するスーダンの遊牧民の話を知っているだろうか?
彼らは牛のふんを焼いた灰で歯を磨き、牛のおしっこで顔を洗う。スーダンの内戦の時、危険だからと彼らを一か所に集め住まいを与えたが、一週間でそこを出て行ったそうだ。
考えてみて欲しい、私達が牛のおしっこで顔を洗う事は容易には出来ないのと同じように、彼らは牛から離れてベッドに眠り水道水で顔を洗う事が出来なかったのだ。

つまり、伝統も習慣も違う民族間において、片方の文化習慣を押し付ける事は良くない。文明はある民族にとって迷惑この上ないどころか、その民族を全否定することになってしまうと。
そこから悲劇が始まるのだ。


話が飛んでしまったが、第2部は殺戮に次ぐ殺戮が待っている。
セデックの戦士300人で日本の警察や軍隊数千人と戦った。
全滅することを前提とした戦いは悲惨な事の連続で、女たちの集団自決や同族同士の戦いも含め目を覆うばかり。涙も止まりません。隣に人が座ってなくてよかったよ。

しかし、しかし、ちょっと気になる事がある。
戦いも終わり、セデックの残った人々も山を下りた後、日本軍の大将が「セデックの戦士に今はない日本の武士道を見た気がする」と言うあたり(このセリフなくても充分伝わったのに)、あまりにもこの戦いを美化していないかという不安が。というか、ここに武士道という概念をを持って来る事自体が間違いの始まりの気がするのだが。


今のこの不穏な日本で、変な風に利用されなければいいのだが。。。

302700_464037260343841_171259207_n.jpg








スポンサーサイト
ちょっと日にちが経ってしまいましたが。。。

甥っ子ライブの下北沢シェルターから二日後の10月15日。
今度はおしゃれに六本木ミッドタウンへ。
Allen Toussaintのライブを観る。ビルボード東京にて。
私、今月は遊び過ぎですね。ライブ貧乏になっとります。。。

dtl_08190_1.jpg

ビルボード東京に行く時は、いつも下のベトナムフォーのお店で腹ごしらえ。
ここの若干和風な感じのスープは、美味しいんだけどちょっと違う気も。代わりにグリーンカレーが旨い!

さてビルボード東京、いつものカジュアルシートへ。このお席はかなり上から見下ろす形になるけど、それなりの価格なのがありがたいです。
アラン・トゥーサン、真っ赤な生地に金色の柄が入ったそれはそれは派手なスーツで登場。
今宵はかの名盤「Southern Nights」を完全に再現するというので、とても楽しみにしていました。
その昔、渋谷のブラックホークでもよくかかっていたっけ。
日本のミュージシャンにも多大な影響を与えたちょっと特殊なアルバム。
本当に再現してましたよ。
ギターやコーラスも、もちろんソロを回す時は皆さんそれぞれ頑張ってましたが、ちょっとしたフレーズはそっくり再現。なかでもSAXは音色までそっくりだと思ったら、なんとオリジナルのレコーディングメンバー、ゲイリー・ブラウンご本人でした。今回が初来日だそうですが、泣きのいいSAX吹いてましたね。
ギターの方も面白くって、普通にギターを弾いてたかと思えば、ある曲ではローランド・カークばりにリコーダー2本咥えて演奏したりフルート吹いたりパーカッション鳴らしたり。でも、一瞬自分が何やるか分からなくなっちゃってうろうろしてましたけど(笑)

ただ、やはりこの「Southern Nights」が特殊だと思うのは、極力控えめなそのドラム。たぶん持てる力の十分の一くらいでしか叩いていないんじゃなかろうか、と思えるほど控えめに手首だけでリズムを刻み、シンバルは一瞬溜めてから叩く、そんな感じ。
ベースもギターも控えめで、そんなバックにアラン・トゥーサンの達者なピアノと歌が気持ちよく乗っかります。
今回、かなり高い所(しかもピアノのほぼ真横)から見下ろす形になったのが幸いして、鍵盤の指使いを上からじっくり観る事が出来ました。
アラン・トゥーサン手が大きいんですね。コロコロとよくロールするのがそりゃ気持ち良くって♪

アンコール含めてたっぷり2時間近く演奏してくれました。
おかげで地元電車の最終には間に合いませんでしたが、これだったら全然OKですよね。
10月13日、甥っ子のバンドHEAVY CLAFTのライブに行って来た。
8月に2枚目のアルバムを出して、それから全国39か所のツアー。そのファイナルが下北沢SHELTERであるというので、姪っ子とその旦那様と一緒に行って来た(姪も入籍を済ませ来春結婚式なのだ!)。

昨年のツアーファイナルにも行って来たが、その時よりバンドの音が良くなってる!
全体にズッシリと分厚くなり、ドラムもギターも上手くなってる。甥のボーカルも、去年はいっぱいいっぱいの感じだったけど余裕出てきてるし。
いやー、ちゃんと成長するもんだねぇ。

そのせいか、メンバー全員の佇まいが実にいい感じです。
甥っ子、田舎の姉の家で会う時はヌボーっとしてあんまり話もしないのですが、こんなにカッコ良かったんだと再確認したりして。
今回は姪の撮った写真で。


heavcla-1.jpg

heavcla-2.jpg

heavcla-3.jpg

heavcla-4.jpg

heavcla-5.jpg

ライブ終わってからの歓談タイム、気が付くと妙な落し物が。
靴底!
モッシュしてるとこうなっちゃうんだね。驚いた。。。
heavcla-6.jpg


そういえば、メンバーのお母様で熱烈なファンの方がいらっしゃって、自らモッシュの中に飛び込んで行かれてました。
私より少しお若いと思いますが半世紀人な事は確か。いや~、凄いや。



おまけで、彼らのPVを。
8月に出たPlaece to take off fromから「Walk again」




おまけのおまけ。
甥っ子とのツーショット。
121013_220124_ed.jpg
ネットでのめっけもの。

lindley1_wide-d4c899cc48c41959615e6d0cb216c6169d122c4c-s6.jpg

David Lindleyの37分のライブ音源。10月9日のものですって。
こちらから↓

http://www.npr.org/event/music/162569359/david-lindley-on-mountain-stage?ft=1&f=1039



相変わらずですね。
またライブ観たいなぁ。。。
10月8日、坂本正義氏が父と仰ぐ加川良氏と共にライブをするというので行って来た。
阿佐ヶ谷NEXT SUNDAYは、一週間前にチケットSOLD OUTということで満員!ギューギューです。

ステージ奥にススキと藤袴が飾られて秋を演出。いい感じですね。

まずは第一部。
阪本正義withまじ&ジョー長岡。
ジョーさんは今回のライブの企画者でもあります。
一曲目は「丘の上に座って」。この歌大好きなのですが、この日はいつにも増してドラマチックでしたね。
sakamotokagawa-1.jpgsakamotokagawa-2.jpg

sakamotokagawa-3.jpgsakamotokagawa-4.jpg

ここでちょっと休憩。
その前にジョーさんから「最後のお一人がちゃんと用を済ますまで、決して第2部は始めませんから」のお言葉。これはありがたい。
おかげで、ゆっくり一服も出来てあちこち歓談も進み、安心してトイレの列に並んでと長い休憩タイムでありました。

さて、真打登場!加川良さん。
sakamotokagawa-5.jpg

加川良氏といえばまず「教訓1」です。私にとっては。。。
17歳、女子高で自らフォークソング同好会を作って地元公民館等で歌っていた頃。そんな時代に出会った「教訓1」はやはり衝撃でした。
岡林信康に六文銭等、社会批判の唄は数知れず。
そんな歌を追いかけながら、信州の山の中から新宿フォーク・ゲリラのニュースに胸躍らせていた時期。
いや、おばさんの昔話で申し訳ないのですが、それから41年の時を経て初めてその「教訓1」を生で聴けるとは。。。
しかも氏はこの歌を歌われる前に「”東京電力”という歌を歌います」と言った!

終演後に加川さんとお話した際、私が中津川に行ったと言うと”ホー”と笑顔になられて、「中津川に行ったという事は俺たちの勲章なんだよ」と。なんとも嬉しいお言葉を頂戴いたしました。
実は、私も密かにそう思っておりましたが。。。



さて、今回も拙い動画を撮ってまいりました。










帰りに、ステージに飾られていたお花を、小分けにして皆さんに配っていらっしゃった。
お手間を惜しまぬ夏子さん。ありがとうございます。
いただいたお花はありがたく我が家で飾らせていただいてます。
(コスモスは入らなかったので別口にしました)
sakamotokagawa-6.jpg

Neil Young with Crazy Horse - Global Citizen Festival, September 29, 2012.

これはここに保存して、と。。。



Setlist:
01. Love and Only Love
02. Powderfinger
03. Born In Ontario
04. Walk Like A Giant
05. The Needle And The Damage Done
06. Twisted Road
07. Fuckin' Up
08. Keep On Rockin' In The Free World (w/ Dave Grohl, Pat Smear, Nate Mendel, Chris Shiflett and Taylor Hawkins [Foo Fighters], Dan Auerbach [The Black Keys] and K'NAAN)
映画スケッチ・オブ・ミャークを観る。吉祥寺バウスシアターにて。
バウスでは、久保田麻琴氏自らサウンドチェックに立ち会われたそうです。

劇場用トレーラー。


トレーラーはまだあって、私はこっちが好き。



冒頭の久保田麻琴氏のギターの音色がいい。
そして車窓から、いかにも沖縄らしい風景が流れる。
サトウキビ畑、白く輝くエメラルド色の海、コンクリートの平べったい民家。どれも懐かしい沖縄の風景である。

しかし、何をどう言ったらいいんだろう。
この映画を語る時、言葉にするとどれもこれもなんとなく違う気がして、、、
ただ、とにかく大きくって暖かくって揺るぎない豊かさで人々を包み込む何者かに、少しだけ触れた感覚がある。


宮古島のおばぁ達は皆愛らしく元気だ。
80歳を過ぎてもサトウキビ畑に出かけていくし、宮古上布の糸よりもする。
そんな女性達に、地区地区で口伝えで受け継がれる神歌。
普通の主婦が「神様が一緒に歌ってくれた」とか「家を出た時から亡くなったお父さんといっしょだった」とか普通に話す。そして畑仕事の合間にお茶を飲む時も、ペットボトルの最初の一滴を大地に捧げる。
日常のそこかしこに神々が佇む島。

その感じがなんとも羨ましい。
そしてなぜだろう。ずーっとドキドキが止まらないのだ。
ドキドキして妙なところで、全然泣くような所じゃないのに涙が出そうになる。
最後の方、池間口説の件ではさすがに涙が出て仕方なかったが。。。


原案の久保田麻琴氏は、失われつつあるこの神歌を聴いて録音せずにはおれなかったと言う。
ただこうして映画になっても、いずれ消えていってしまうのかもしれない。今の若い人には若い人の生活のリズムやアイデンティティーがある。豊かさの意味合いも全く違うのかもしれないが、願わくば共存していって欲しいと思う。
「このことを覚えていよう、そしていつか戻ればいい」という久保田麻琴氏の言葉が忘れられない。
そのいつかが3世代4世代先でもいいんだ。きっと。。。
神様はずっとそこにいて、私達を見ているよ。きっと。。。



この映画、何か心地の良い夢を見ていたような感覚もあり、バウスを出た途端に”もう一回観る”と心に決めてました。

9月12日、吉村瞳さんのライブを観る。
高円寺の稲生座にて。

ここはまじさんが定期的にライブをやっていらっしゃるところで、前から気になってはいた所。今回お初です。
まじさんが”稲生座は蝋燭が似合いそう”とおっしゃっていたのを思い出しました。確かに。


まずはスーマーさん。
バンジョーとガットギターの弾き語りでとつとつと唄います。
日本語詞の「時代は変わる」が良かったです。

そして吉村瞳さん。
この日はスカートちょっと失敗しちゃったね。
膝のギターの安定が今一つで大汗かいて演奏していらっしゃいましたが、なになに、素晴らしい演奏でしたよ!

今回も一曲撮ってきました。
真ん前で近かったので手元がよく見えます。そして稲生座は音がいい。
もうだめだ、みたいに落ち込んだ時に作った曲だそうです。
私、この曲好き~♪




そういえばライブ終わったころに、6月にまじさんとライブをしていらっしゃったドブロのChihanaさん、ペダルスティールの小西泰寛さんとなっちゃんがいらっしゃってちょっとびっくり。
最近私、お滑りづいてるのかな?
Neil Young & Crazy Horse / Psychedelic Pill

14042.jpg


待ってました!
ニールさんの新譜。海外では10月30日発売なんですが、日本ではいつになるんでしょうね?
しかし、なんてステキなジャケットなんでしょう!
これはアナログ盤の大きなジャケットだと見ごたえあるんでしょうね。お部屋に飾りたい!
でも、なにか映像もあるみたいだから、それだとブルーレイじゃないと観れないし。
でもでも、一番最初に発売になるのはCDだし。。。

迷う!
結局全部買う、だなんてことにもなりかねないのが怖いです。
日にちが前後しますが。。。
去る8月23日、名古屋のお滑り娘こと吉村瞳さんのライブ観に行く。
吉村瞳さん、数年前のLAZY HORSEクロコでのライブの時に赤尾さんとのユニットを観たきりずーっと気になっていたのですが。。。やっと観る事ができました。


まずはヒヌカムブロウ。
名古屋から来たスタイリッシュでかっこいいバンドですね。
ヴォーカルの方、花があってモテそうです。


お次は日倉士歳朗さん。
この方はお噂はお聞きしていたものの、聴くのは初めてでした。
そのファーストコンタクトで見事やられてしまいましたよ。



このメドレーの後に、図らずも泣かされてしまった。
絶品の「ダニー・ボーイ」あんなに悲しみを湛えたギターをついぞ聴いたことありません。
いや違うな。ギターの音色がどうだとか唄がとかさえ関係なく、日倉士歳朗というその人が歌い演奏するその姿そのものから発せられる音魂が直接胸の奥に入り込んでくるような。。。
うまく言えないけど、とにかく胸震える一時でした。
最後は笑かしてくれましたけどね。


そして吉村瞳さん。
今回は大阪の小笠原友子さん(パーカッション)とご一緒です。
なんだろう、瞳さんが歌いだすと空気が乾燥したような。。。
後ろに大陸と太陽と砂埃が見えた気がしました。






それにしてもこのお二人。同い年のまだ20代。
息の合ったMCも楽しく、たぶんプライベートでも仲がいいんだろうな。いい雰囲気です。
大らかでいいなぁ。


因みに、吉村瞳さん、次回東京ライブは9月12日高円寺の稲生座でソロだそうです。
行こうかな♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。