FC2ブログ
まあ、おばさんの戯言ですが、、、
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆音ゲット・ラウドを観る。
吉祥寺バウスシアターにて。

navCast01.pngnavCast02.pngnavCast03.png


いや、これは爆音じゃなきゃ意味ないでしょう。ギター、いい音してたよ!
ジミー・ペイジ、ジ・エッジ、ジャック・ホワイトという、年代の違う3人のギター弾きのお話。
それぞれの歴史などを振り返るのだが、最初の一歩は一度でもバンドを経験した事がある人なら必ずや共感出来るだろう。
みんな、大好きな音楽に出会い自分もやってみようと思うところから始まるのだ。
彼らはそれぞれに成功している。
そうなるのはほんの一握りだろう。運もあるし、出会いも大切だがそれだけではない。
彼らは自分の愛するギターと格闘し、考え、進化する。ギターも自分も。
その姿が実に楽しそうなのだ。
観ているこちらまでワクワクしてくる。


ここからはネタバレだが、大丈夫。音は聴こえないからね。
ジミー・ペイジが、大好きな昔のレコードをかけて”ここからこうなる”とか言いながらギターを弾くふりをする。その嬉しそうな笑顔が子供のようだ。
そして、実際の子供のころの映像。ちょっと生意気そうだけど、大事そうにギターを抱えて晴れやかにインタビューに答える。

そしてジ・エッジのエフェクターセットも見もの。
実際にあちこちいじってその音の違いを聴かせてくれる。
余談だが、エフェクターを使わないでボリュームの上げ下げで対応するギタリストもいらっしゃる。エイモス・ギャレットや、先日のLAZY HORSEに参加していた赤尾拓人さんもそうしていた。
それぞれにポリシーをお持ちだろうが、聴く方はどちらでもワクワクさせてくれればそれでいいんだ。

エッジのEのコードの話から「約束の地」のイントロへ。あの雑味のないすっきりとしたというビールのキャッチコピーのような音はそういうわけだったのか。
しかし、超満員の巨大スタジアムでボノの歌が始まったとたんにフェイドアウトって、あれはもうちょっと観たかったなぁ、、、

ジャック・ホワイトは何事にも挑みかかる。
自分の演奏にさえケンカ売ってるように聴こえる。
今まさに格闘している最中なのかもしれない。それを物語るかのような血染めのギター。


最後に3人それぞれアコースティックギターを持って「The Weight」を演奏する。
最初、なんでこの曲?と疑問に思ったが、コードがあーだこーだ言いながら練習している3人を見て、あーバンドってこういうものなんだと思った。

因みに、ギター弾きがこの映画を観ると、あそこで誰があんな事してたとか、あのコードはどうだとか、いろんな事が見えるみたいでちょっと羨ましい。
しかも爆音ですから!
吉祥寺バウスシアター、今月の25日まで上映です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実は
少しエフェクター使ってます。。。音的によりも踏んで自分のテンション上げる為に(笑)

この映画観たかったです!知り合いに話したところ、大阪は2ヶ月くらい前にやっていたんですって。。。ショック!
2011/11/23(水) 23:45 | URL | 赤尾 #-[ 編集]
いらっしゃいませ♪
両刀使いっすね(笑)

この映画、フジロックのところ天国でまず上映されて、一般公開はたしか9月だったかと。

ギター弾きが観ると面白いよ、きっと。
いずれDVDででも。
2011/11/24(木) 00:16 | URL | マーカナ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adan5.blog10.fc2.com/tb.php/1077-64aa19cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。