FC2ブログ
まあ、おばさんの戯言ですが、、、
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BRIAN BLADE & THE FELLOWSHIP BANDを観る。BLUE NOTE東京にて。

ここは客席が狭いけどステージが近いのがいい。
前から2列目のテーブルに陣取る。
ステージチェック。ドラムがやけに小さく見えるんだけど、あれはそういうタイプなの?しかも最小限のセット。やけにこじんまりとした印象です。
でも、この人にはこれで十分なんでしょうね。繊細にとても抑えた演奏が続きます。
シンバルは叩く前に一瞬動きを止めそっと触れるだけとか、ブラシはバシっと叩くのではなくフワッと撫でるようとか、タムにタオルをかぶせてうどんの束みたいな撥でモヤモヤと叩くとか、、、とにかく非常に抑えめなんですがグルーブがあり音が繋がって聴こえる。しゃべっているみたい。それも饒舌に。
エルビン・ジョーンズを思い出すなぁ。
いやね、ずーっとそのまま抑え気味なわけではなく、演奏が盛り上がればドカドカドラムにもなる訳でその緩急が凄い!
このあたりの醍醐味はCDではなく、また大きなホールでもなく、こういったライブハウスのステージそばならではの味わい。
とにかく、稀有なドラムです。

そして管楽器のお二人も、それぞれいいですね。
バスクラリネットという楽器を初めて見ましたが、この音色がいい。どこか哀愁をさそうような木管の音。
サックスの方も、音が出るか出ないかの状態で身を捩って吹いていらっしゃって、思わず背中がゾクゾクしました。
アドリブはアドリブでそれぞれ吹きまくる。これぞジャズ。

そうJAZZ。でも4ビートとはちょっと違う。どちらかというとECMというかヨーロッパよりの印象を受けましたが、これがアメリカの新しいJAZZの一つの形なのかもしれませんね。

非常にいいものを観せていただきました。


Youtubeを探したら、去年のライブ映像(オーディエンス撮影)がありました。
2時間17分、2ステージ分みたい。たっぷり楽しめますよ♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わー
行ったんですね。これは行きたかった。
BRIAN BLADE、近くで見たい。
この前のデビッド・ラノワで見たかったんですけれどね。
2012/05/25(金) 00:33 | URL | Mongo #-[ 編集]
よかったよ
多分Mongoさんの大好物だと思います。
いろんな人とやってるけど、今回は自分のバンド。のびのびと好きに叩いてる印象を受けました。
2012/05/25(金) 12:43 | URL | まーかな #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adan5.blog10.fc2.com/tb.php/1125-aa4ef3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。